みなさんの実家でよくでてくるおやつは何ですか?

うちは麹の”甘酒”です。

と言っても、水で薄めずにそのまま、黒豆を甘く煮たのと一緒に食べます。

 少しずつですが毎日食べるので、週に1回くらいつくっています、母が。

子供の頃から甘酒大好きなので、ジャカルタでも食べたいなー、と思っていたところ、、、

バリの生島商店さんが米麹をつくっていらっしゃると!

米麹を入手できたものの、初めての挑戦です。

母やネットの情報を頼りにつくることに。

本命”甘酒”の前に、まずは練習を兼ね発酵あんこを作ってみました。

発酵あんこって、流行っているみたいですね (たまたまかも知れませんが去年、ネットでよく見かけるな、と感じました)。

材料は多少違いますが、作り方は甘酒と同じく材料を55~60度くらいに8~10時間保温しておくのだそうです。

柔らかく煮た小豆に米麹を混ぜます。

小豆と米麹が混ざりしっとりした状態。

炊飯器の保温で蓋をせずに8~10時間放置。濡れ布巾をかけておきます。

(途中、何度かかき混ぜる)

できました~😀

米麹の酵素の働きで甘くなるのだそうです。

お味は、、、す、酸っぱい😖

??????????

慌ててネットで調べたら、乳酸菌の仕業らしいことがわかりました。

温度が40度くらいだと、乳酸菌がよく働いて酸っぱくなるらしいのです。

そのままだと酸っぱさが気になりあまり美味しくないので、同じ乳酸菌が活躍しているヨーグルトと一緒に食べてみると!食べやすくなりました。

これを食べるとお通じがかなりいいです。

うちの炊飯器で蓋をせずに保温すると55~60度が保てていなかったんですね。。。

この教訓をもとに、本命”甘酒”にチャレンジしたいと思います!

☆おまけ☆

小豆って、インドネシア語でKacang Es Imporっていうんですね。

英語でImported Es Peanuts!???