「近代文明を拒み、昔の生活を守り続ける村がある。」の話を聞いてから、行ってみたかったこの場所。

バンドンから1時間くらい行った場所にあります。ここでは、ガスも電気も使っていない。使っているのは灯油と電池。電池が切れれば、部落外のいてのコンセントを借りて充電するんだそうです。

IMG_4509

一緒について来てもらったローカルスタッフの知り合いがその村に住んでいました。家の中にも招待されてあがりましたがいたって昔から在るみたいな民家です。外ではアヒルの鳴き声や、子供の声が聞こえ、私の田舎そっくり。この友人の方は、昔は都市で暮らしていたが、ここでの暮らしが忘れられず家族で戻ってこられたとの事でした。